脂漏性角化症 老人イボ 原因

首や顔にあるポツポツは、脂漏性角化症(老人性イボ)かもしれません。脂漏性角化症(老人性イボ)とはどんなイボのこと?あなたのイボもひょっとして・・・
MENU

脂漏性角化症(老人性イボ)とは?あなたのイボもこれかも?!

若いころには無かったはずなのに、いつの間にか首元・胸元などにポツポツしたものが出てきた・・・という人も多いのでは?

 

そのポツポツ、シミやニキビじゃないかもしれません。

 

実は「脂漏性角化症(老人性イボ)」と言われているものかも。

 

脂漏性角化症の症状・原因から治療方法までご紹介しますので、チェックしてくださいね。

 

脂漏性角化症(老人性イボ)」って何?

脂漏性角化症とは、直径1〜3mm程度の大きさで、皮膚より少し突出している良性のイボのこと。

 

別名、老人性イボとも言われています。

 

脂漏性角化症よりも小さくて触ってザラつく程度のものはアクロコルドン
逆に脂漏性角化症よりも大きいものは軟性線維種と言い、肥大化により呼び方が変わってきます。

 

また、その中身は角質と脂肪が混ざったものなので、「角質粒(かくしつりゅう)」とも呼ばれています。

 

脂漏性角化症は年齢を増すごとに増えやすい傾向にあり、40代50代以降は特に気になる年齢です。
しかし、早ければ20代から出はじめる人もいて、遺伝的な要素も関係していると言われています。

 

色は皮膚の色に似たものから、茶褐色や黒色などさまざまで、首元・胸元・目元をはじめ、皮膚の柔らかい部分にできやすいです。

 

脂漏性角化症ができる原因って?

脂漏性角化症ができる原因は、主に加齢による肌の老化が原因です。

 

加齢により新陳代謝が低下すると、肌のターンオーバーは乱れやすくなるもの。
そのため、古い角質が正常に排出されず残ってしまい、脂漏性角化症になるのです。
紫外線による肌ダメージでも老化が進むため、紫外線による影響も大きいと言われています。

 

また、脂漏性角化症が出来やすい部分は、アクセサリーや衣類、体の動作などで擦れやすい部分が多いことから、摩擦による肌への刺激も影響していると言われています。

 

脂漏性角化症を無くすには?

脂漏性角化症を無くす方法を大きく分けると、自宅でのケアと病院での治療に分けられます。

 

自宅でのケア方法

・ハトムギ(ヨクイニン)の摂取・・・イボ取り効果があるハトムギの成分を、食品やサプリメント、スキンケア商品などから取り入れる方法。
・肌刺激を避ける・・・日焼け止めを塗る・アクセサリー類をつけないなど、なるべく肌刺激を避ける方法。
・スキンケア・・・紫外線などの外的刺激を受けにくくするため、充分に保湿する方法。また、ハトムギのエキスを含有した化粧水や、肌のターンオーバーの正常化に効果的なスキンケア商品などを使うことも有効。

 

病院での治療方法

・液体窒素治療・・・脂漏性角化症を液体窒素を使って凍結して取る方法。
・レーザー治療・・・脂漏性角化症をレーザーで焼き取る方法。
・手術的治療・・・ハサミや糸、メスなどで切り取る方法。

 

このようにたくさんのケア・治療方法があるのですが、脂漏性角化症の場合は基本的に自宅でのケアで改善が見込めるようですよ。

 

しかし、痛みや痒みを伴う場合や、脂漏性角化症より大きなイボは要注意。
念のため病院で相談したほうが良いかもしれませんね。

このページの先頭へ