脂漏性角化症 老人性イボ ハトムギ

顔や首、デコルテ、脇にできやすい脂漏性角化症(老人性イボ)について。ハトムギの脂漏性角化症の効果とは?ハトムギでケアできるのは本当なのか。
MENU

ハトムギで、脂漏性角化症のケアもできちゃう♪

イボとり効果のある生薬として、「ヨクイニン」というものがあります。
脂漏性角化症にも効果があるのでしょうか?

 

「ヨクイニン」と言うと知らない人も多いでしょうが、実は「ヨクイニン」とは「ハトムギ」のことなんですよ。
ハトムギなら、はとむぎ茶などでも良く知られているので、知ってるという人も多いのでは?

 

でも、どんな効果があるまで詳しく知っている人は少数だと思いますので、ハトムギ(ヨクイニン)についてご紹介したいと思います。
参考にしてくださいね!

 

ハトムギ(ヨクイニン)とは?

ハトムギはイネ科ジュズダマ属の穀物です。

 

そして、ハトムギの種の中身を乾燥させたものがヨクイニンと言います。

 

ハトムギが生息している場所は、中国南部〜インドシナ半島にかけて。

 

ビタミン、カルシウム、鉄、たんぱく質など、豊富な栄養が含まれているそうで、生薬としても有名です。

 

ハトムギ(ヨクイニン)の効果・効能

ハトムギ(ヨクイニン)は服用することで、
・イボとり効果
・利尿作用
・美肌効果
・アトピー症状の改善
・新陳代謝の促進
・抗腫瘍作用
・免疫力向上
・滋養強壮
などの効果・効能が期待できます。

 

また、肌に塗ることで保湿効果・美肌効果がより期待できます。
肌の状態を整えてイボをとるには最適な生薬というわけなんです。

 

ハトムギ(ヨクイニン)の副作用

いくらさまざまな効果があっても、副作用が出やすいと困りますよね。
でもその点はご安心を。

 

ハトムギ(ヨクイニン)はムギと比較してもアレルギーが出にくいもので、ハトムギ(ヨクイニン)で副作用が出るケースは非常にまれだそうです。

 

ですが、絶対に副作用が出ないと言いきれるわけではないので、
・発疹
・じんましん
・胃の不快感
・下痢

 

などが起こったら、念のために注意してくださいね。

 

ハトムギ(ヨクイニン)を使った脂漏性角化症の治療

 

ハトムギ(ヨクイニン)の効果や副作用をご紹介しましたが、脂漏性角化症で悩む女性達にとっては、イボとり効果が一番気になるのではないでしょうか。

 

脂漏性角化症などのイボをハトムギ(ヨクイニン)で治療する場合、具体的には飲む方法と塗る方法があります。

 

飲む方法は、漢方薬の内服やサプリメントの内服、はとむぎ茶を飲む、などです。
塗る方法で簡単に出来る方法は、ヨクイニンを含むスキンケア商品を肌に塗ることです。

 

両方を併用しても構いませんし、どちらか片方だけでも構いません。

 

しかし、ハトムギ(ヨクイニン)は西洋医学の薬のようにすぐに対処できる薬ではないため、効果が現れるには時間がかかると言われています。

 

体の免疫力や新陳代謝を整えることでイボに間接的に効果を発揮するものなので、イボ取りのために使う場合は根気良く続けてくださいね。

 

ハトムギ(ヨクイニン)での脂漏性角化症治療は痛みなども伴わない方法なので、自宅でのケアとして採用するにはとてもオススメだと思います。

 

しかも、脂漏性角化症のケア以外にも嬉しい効果がたくさんあるようなので、試しても損はないかもしれませんね。

このページの先頭へ