脂漏性角化症 老人性イボ 病院

顔や首、デコルテ、脇にできやすい脂漏性角化症(老人性イボ)の病院での治療方法について紹介します。脂漏性角化症は病院で治せるの?
MENU

病院での治療方法は?そもそも何科?

女性なら誰だって、出来るだけ若々しく、キレイに歳を重ねたいものですよね。

 

たとえ脂漏性角化症(老人性イボ)が良性のイボで、健康に影響は無いとしても、
「簡単に無くせればいいのに!」
と思ってしまうのが女心です。

 

「病院で治療すればすぐに無くなるんじゃない?」
と思っているあなたのために、

 

脂漏性角化症(老人性イボ)は何科で診てもらえば良いのか?
どんな治療方法があるのか?

 

ということをまとめてみました。

 

気になる病院での治療、チェックしてみてくださいね!

 

脂漏性角化症は何科で診てもらう?

 

脂漏性角化症などのイボ治療は、主に皮膚科、美容皮膚科、美容外科などで対応してくれます。
治療方法はいくつかあり、病院によって対応している治療方法が異なるので、事前に確認が必要です。

 

どんな治療方法がある?

代表的な脂漏性角化症の治療方法をご紹介します。

 

ハサミなどでの切除

脂漏性角化症のような大きさのもので、根元が細ければハサミで簡単に切除できるようです。

 

多少の傷にはなるものの、出血や痛みは軽く、麻酔がいらないことがほとんどだとか。
保険適応の治療方法なので、費用面では安いかもしれませんね。

 

液体窒素での冷凍凝固

マイナス196度の液体窒素を綿棒などにつけ、イボに押し当てることでイボを冷凍凝固させ、カサブタになり取れるのを待つ方法です。
昔から行なわれていた方法ですが、痛みが強く、一度ではイボの芯を取りきれない場合も多いようです。
こちらも保険適応の治療方法です。

 

レーザー治療

レーザーでイボを取り除く方法で、比較的出血も痛みも少ないようです。
しかし、レーザー設備がある病院とない病院があるので、やりたい場合を事前に確認をおすすめします。
また、保険適応外なので、高額になる可能性も。

 

電気焼却

電気メスによる熱で焼き削る方法です。痛みが強いため、基本的に麻酔を必要とします。
こちらも保険適応外なので、高額になる可能性を考えたほうが良さそうです。

 

ヨクイニンの内服

病院によっては、ヨクイニンという内服薬を処方してくれる場合もあります。
(「ヨクイニン」と言うより、「ハトムギの中身」と言ったほうが馴染みが深いかもしれませんね。)
市販もされている成分です。

 

この内服薬はあくまで漢方的な考え方のもので、即効性は期待できません。

 

長期的な治療となるので、切除などの治療の補助として処方している病院もあるかもしれませんね。

 

 

 

代表的な病院での治療には以上のような方法があります。

 

病院の場合はどうしても切除治療になることが多いため、傷跡や痛みを伴うことが多いもの。

 

また、どちらかというと、根本的な解決ではなく、出来ているものに対する対処が主になります。

 

病院で治療するとしたら、傷跡や痛み、その後のことなど、しっかり考えた上で決断したほうが良いかもしれませんね。

 

 

このページの先頭へ